グレッグ・レモンさん来日とツールド三陸

グレッグ・レモンさん来日とツールド三陸

グレッグ・レモンさんが来日されました。
自転車ロードレースをご存知でない方にとってはわからないと思いますが、自転車ロードレースのファンにとっては、1986年、1989年、1990年の3度のツール・ド・フランス総合優勝、1983年と1989年の2度の世界選手権優勝という輝かしい実績を持った神のような選手です。
そんなグレッグ・レモンさんが、2013年10月6日に行われるツールド三陸に参加するためにボランティアとして来日されました。
ツールド三陸とは、去年から始まった自転車のロングライドのイベントで、東日本大震災の被災地である陸前高田市や大船渡市を走るもので、被災地の現状を見てもらい、復興支援につなげていく目的で開催されるものです。
これまで、自転車のロングライドイベントに参加したことはありませんでしたが、ツールド三陸に私も参加することにしました。
三陸の景色と、グレッグ・レモンさんに会えることがとても楽しみです。
天気予報が微妙なようですが、なんとかもって欲しいです。

 

続報:ツールド三陸に行ってきました

2013年10月6日に陸前高田市と大船渡市で行われるツールド三陸に参加してきました。
三陸の景色とグレッグ・レモンさんを見たいという思いで、初めての自転車のロングライドイベントへの参加することにしました。
私がエントリーしたのは49kmの健脚Sコースです。
このコースは陸前高田市をスタートし、大船渡市の碁石海岸をまわり、陸前高田市に戻ってくるというものです。
コースレイアウトを見ると、スタートしてから7kmくらいのところに、最高標高78mの丘があり、その後は小さなアップダウンがたくさんある感じで、
初めてのロングライドイベント参加の私にとっても簡単そうに見えるものでした。
で、実際に走ったわけですが、7km地点の最高標高点をらくらく通過し、後は余裕だと思っていたんですが、なかなかの急勾配が何箇所もあり、
パンチのきいたコースでした。
当日、朝4時半起床というかなり寝不足な状態で走ったこともあり、ゴール後は両足の太ももがつってしまいましたが、三陸のきれいな景色と震災からの復興状況が見れるいいイベントでした。